アイフルの在籍確認の回避裏技があります

アイフルには在籍確認の回避裏技がありますが、まず原則論のところで誤解があるといけませんので最初に断っておきます。アイフルでもどこの消費者金融でも同じですが、基本的には在籍確認を行いたい、在籍確認をしたいと思っていることは間違いありません。ですから、アイフルだからといってどんな場合でもいきなりそれを簡単に回避できると思うのは間違いです。あくまでもアイフル側としては在籍確認をきちんと行いたいと考えていて、申込者の事情にある程度は相談に応じてくれるというスタンスと理解して下さい。
ですから、在籍確認について相談すると、電話をすることを前提として、どのように電話をするのがよいかという相談になるのが普通です。例えば、自分が会社にいる時間帯であれば自分自身が電話に出ることができるので、ある特定の日時に電話をして欲しいというような要望です。これには対応してくれる可能性が十分あります。また、職場は異性から電話がかかってくることが稀なので、自分と同性の担当者からの電話にして欲しいという要望もあるでしょう。これも十分受け入れてもらえる可能性があります。
このように、どのように電話をするのがよいかという相談に応じてくれるのです。そして、そのような相談をしてもなお在籍確認の電話をすることそのものが難しいというようなケースでは、電話の代わりに書類の提出で済ませてくれる場合もありますが、言うまでもなくその場合は審査そのものが厳しくなることは覚悟しておかないといけません。

アイフルの借り方|アイフル審査をスムーズに通過するにははこちら

モビットは三井住友銀行グループ

モビットは三井住友銀行グループに属する消費者金融です。

モビットは消費者金融になるので貸金業法の総量規制の対象になるので、融資は年収の3分の1以内という制限を受けます。

モビットの審査は最短30分で完了するので、即日融資にも対応しており、午後14時50分までに振込手続きが完了していれば数分後には口座へお金が振り込まれます。
ただ、申込をする曜日や時間帯によってその日の借入が難しくなる場合もあります。

両条件は満20歳以上で65歳以下の安定した収入があることが条件で、年収があればパートをしているかたやアルバイトをしている学生、自営業のかたでも簡単に申込ができますが、申込をした後には審査が有るので申込をしたからといってかならず借りられるというわけでもなく、審査結果によっては利用できないこともあります。

申込方法はホームページから申込む方法とローン申込機から申込む方法があります、
ホームページからの申込は「カード申込」と「WEB完結申込」があります。
「WEB完結申込」は事前に三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通口座を持っている必要があります。
「WEB完結申込」に必要な書類は本に確認書類(運転免許証やパスポートなど)の写し、収入証明書類(源泉徴収票や所得証明書、直近2カ月分の給与明細のなど)の写し、在籍証明書類として健康保険証の写しが必要ですが、収入証明書類に給与明細書以外を提出した場合は直近1カ月分の給与明細書が必要になります。
モビット即日融資申し込み方法ポイントまとめ【条件・時間】はこちら

消費者金融と銀行の融資の審査の違いは?

お金を融資してもらうには、大きく分けると2つの方法があり、1つが消費者金融で融資してもらう場合と、もう1つは銀行から融資してもらう場合の2つになります。

では、消費者金融から融資してもらう場合と銀行から融資してもらう場合では、審査にどのような違いがあるのでしょうか見ていきましょう。

一般的に消費者金融の方が金利が高い分、審査が優しいといわれていますが、実はそうではなく、どちらもほとんど同じ内容となっているのです。

銀行はもともと貸金業に関してはプロではありませんので、そのノウハウを貸金業のプロである業者に教えてもらい、そのノウハウを活用しているのです。

ですので保証会社としても消費者金融が付いていますので、基準としてはそれどの違いはないのが実際となっています。また昔は借金によって破産するケースが多く、それにより悪質な取り立てなど、事件に発展するケースも少なくありませんでした。

これを重く見た国は、借りる人の年収の3分の1以上を融資してはならないという総量規制と呼ばれる法律を制定して、悪質な取り立てや借金によって破産するといった事態を減らすことができました。

しかし、実はこの総量規制という法律は銀行では適応外となっています。ですので、ほとんど同じような審査内容を行っているうえで、総量規制もないため、一般的に言われている消費者金融の方が基準が優しいというのは、間違いだという事になり、どちらもそれほど変わらないこととなります。
消費者金融大手の口コミ評判ランキングはこちら

ソニー銀行カードローン主婦の借り入れの注意点

ネットで簡単に申し込めるため、ソニー銀行カードローン主婦におすすめです。しかし、ソニー銀行カードローン主婦が申し込む際には注意点がありますので、気をつけてください。
同じ主婦でも専業主婦が借り入れをするときに問題となります。ありがたいことに、専業主婦でも借り入れ可能なカードローンですが、ソニー銀行カードローン主婦の借り入れ時に専業主婦のように収入がない状態だと、配偶者に収入があることが条件になってきます。配偶者とは夫のことです。専業の主夫の立場であれば、妻に収入がある必要があります。
配偶者に安定した収入さえあれば、問題なく申し込めます。ところが、このパターンでソニー銀行カードローン主婦が借り入れをする場合、利用限度額が50万円に制限されます。カードローンの最高限度額である800万円を狙える立場ではないことを、申し込む前によく理解しておきましょう。
ソニー銀行カードローン主婦が借り入れるときに、専業主婦ではなく、正社員やパートとして働いている主婦であると、特に50万円の制限なく、一般的な貸付条件でカードローンを利用できるようになります。配偶者の収入は関係ありませんので安心しましょう。
注意したい条件としては、日本国籍を所持している、外国籍なら永住権を取得していなければなりません。20歳以上で65歳未満であること、このカードローンを発行している銀行の円普通預金口座を持っていることが必須ですので、忘れないようにしましょう。